トレーニング

腹筋が割れない、体重が減らない人の特徴

・毎日運動してるのになんで痩せないの?

・食事も減らしているのに体重が減らない。

・一向に腹筋が割れない。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・食事編

・トレーニング編

・生活編

本記事の信頼性

一生懸命にトレーニングを頑張っているのに一向に体重が減らない、毎日腹筋をやっているのに腹筋が割れてこない、、、。

頑張っているのに変化が表れないのは本当に辛いですよね。

しかし、結果が出ないのには理由があります。

正しいと思ってやっている事も実は間違っていたり、その事が原因で身体が変わらないのかもしれません。

もし、トレーニングも食事も気をつけているのに腹筋が割れない、体重が減らないと思っている方は今回の記事で原因が見つかるかもしれません。

是非、最後までお読み頂き参考にして頂ければと思います。

食事編

食事に気をつけているのに痩せないと思っている方は多いですが、正しい食事制限が出来ている方は意外に少ないです。

間違っているかもしれない特徴を解説します。

①炭水化物抜きダイエット

体重を減らす為にとりあえず炭水化物を抜こう、糖質制限すれば簡単に体重は落ちる、、、。

そう思って実践している方は非常に多いです。

「食事はご飯を抜いています。」という方もご飯は抜いているけど他で甘いものを食べていたり、おかずは自由に好きなものを食べていたり、、、。

これでは痩せるはずがありません。

炭水化物を抜くのであれば実際にどれくらい抜くのか?糖質をどれくらい制限するのか?

制限するかわりに他の栄養素をどれくらい摂るのかまで考えないといけません。

安易に炭水化物を抜いてしまうと確かに最初は体重が落ちていきます。

しかし、これまで炭水化物から摂っていた身体の水分量が減るだけで脂肪が落ちたわけではありません。

最初に減ったから続けていけばもっと体重は減っていくと思ってずっと炭水化物抜きを行なってはいませんか?

炭水化物は身体のエネルギー源です!

不足すると身体がエネルギー不足になり、代謝が下がってしまいどんどん痩せにくくなってしまいます。

もちろん量の調節は必要ですが、毎食炭水化物をしっかりと摂ってダイエットを進めていきましょう。

②健康食品

食べるものに気を付けているのになぜ痩せないの?というお客様に食べている物を聞くと健康食品を選んでいる方が多いです。

健康食品は身体に良いんじゃないの?と思われている方も多いでしょう。

身体に良い事と痩せる事は似ているようで違います。

野菜ジュース、オリーブオイル、栄養補助食品のおやつ、、、。挙げたらキリがありませんがカロリーや栄養素をきちんと把握していますか?

健康に良いと言われている物でも食べ過ぎてしまえば痩せませんし、実は糖質が多過ぎる、脂質が多過ぎる健康食品も沢山あります。

パッケージや謳い文句に惑わされずに裏面表示をしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

痩せる為に摂っていた物がダイエットの妨げになっていたというのは良くある事です。

食生活を見直してみましょう。

③食事を抜いている

痩せたいから食事を1食抜いている、朝は時間がないので食べていないという方はいませんか?

これも結果的には痩せない身体を自ら作っている事になります。

食事を抜く事で1日のカロリーを減らす事が出来る為、一時的に痩せる事は出来ると思います。

しかし、長く続けてしまうと食べない事で筋肉が減り代謝が落ちてしまうでしょう。

筋肉が減る事でどんどん体重が落ちにくくなってしまい、仮に痩せても筋肉が減ってしまっている為に満足いく身体にはならないでしょう。

1食抜く事で大幅にカロリーを減らし過ぎてしまい、代謝が落ちて痩せなくなる可能性もある為必要量はしっかりと食べるようにしていきましょう。

トレーニング編

間違ったトレーニングでも腹筋が割れない、痩せない原因になっている可能性があります。

①痩せたい箇所だけトレーニング

腹筋を割りたいから腹筋を一生懸命トレーニングする、腕を細くしたいから腕だけをトレーニングするというような痩せたい箇所だけトレーニングをする事はオススメ出来ません。

そもそも痩せたい箇所をトレーニングすればその箇所だけ痩せるなんて事はありません。

全身の脂肪が落ちていく過程で痩せたい箇所の脂肪も落ちていくので部分痩せを期待するのは間違いです。

脚や背中の大きい筋肉のトレーニングも取り入れて消費カロリーを増やす、または徐々に筋肉を増やして痩せやすい身体を作る事の方が圧倒的に効率が良いです。

上手くダイエットが出来ていれば体重が減る過程でウエストも絶対に減ってきます。

痩せたい箇所だけに意識を向けず、腹筋を割る為に効率的なトレーニングを行うようにしましょう。

②過度な有酸素運動

痩せたいと思ってジムに行き、速いスピードで走ったり、家の周りを一生懸命ランニングしたりしていませんか?

もちろん身体には良い事ですが、実は痩せない原因かもしれません。

自分がきついと感じるくらいランニングなどの有酸素運動を行う事は「こんなにきついからきっと痩せる」「辛い事をすればするほど良いんだ」と思いがちです。

しかし、実際には筋肉も落ちやすく代謝を悪くしている可能性があります。

特に強度の高い有酸素運動を1時間以上行っている方は筋肉を失う可能性が高くなります。

この場合は、少し息が上がるくらいの有酸素運動に留めたりスピードを落としたウォーキングに変更したり、あまり長時間行わない事も大切です。

沢山行いたい場合は朝と夜に1回ずつなど時間を分けて行うようにしてみましょう。

生活編

最後は生活編です。

日常の過ごし方でも痩せない原因が隠れています。当てはまっていないかチェックしてみましょう。

①運動量が不足している

いくらトレーニングをしても食事を制限しても1日の運動量が少ない方はなかなか痩せる事は難しいです。

特に仕事がデスクワークの方や最近ではリモートワークの方などは運動量が極端に少ない傾向にあるのではないでしょうか?

毎日トレーニングを行なっている方でもトレーニングで消費するカロリーはそれほど高いものではありません。

その為、その他の時間でもなるべく動く時間を作る必要があります。

通勤を歩きや自転車に変えてみたり、エレベーターを階段にしてみたり日常で無理のない範囲から変えるだけでも運動量は少しずつ上がってきます。

自分は運動量が少ないかもと思っている方は無理のない範囲で動く時間を作ってみましょう。

②睡眠不足

睡眠不足になってしまうと脂肪は上手く燃焼されません。

遅くまで起きている方も多いのではないでしょうか?

慢性的な睡眠不足は日中に頭がボーッとしたり、身体が怠かったりといった症状が出てしまいます。

皆さん、経験はありませんか?

これは1日の活動量が少なくなってしまう為、消費カロリーも下がります。

また、睡眠不足は成長ホルモンの分泌も悪くします。

成長ホルモンは脂肪を分解する役割がありますので、ダイエットには大切なホルモンです。

トレーニング、食事だけに意識を向けるだけではなく睡眠も気を付ける事で脂肪も分解でき、筋肉も成長させる事が出来ます。

自分にあった睡眠時間の確保と質の良い睡眠を心掛けましょう。

まとめ:正しい知識を取り入れてダイエットを成功させよう!

腹筋が割れない、痩せない人の特徴について解説してきました。

自分が今まで正しいと思ってやっていた事が実は痩せない原因になっていたという事は案外多いです。

きつい食事制限、辛い運動だけがダイエットではありません。

正しい知識で無理のない範囲で継続していく事で少しずつ身体を変える事は可能です。

今回の記事で少しでも当てはまった方がいれば改善し、正しい知識でダイエットを成功させて頂きたいです。

今回は以上です。