未分類

25kg増やした経験者が語る太りたいけど太れない理由と対策

・太りたいけど太れない

・ガリガリで恥ずかしい

・食べているけど体重が増えない

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・太りたいけど太れない理由

・太る際の注意点

本記事の信頼性

本記事を書いている私はガリガリの身体がコンプレックスでした。正しい知識を得た事で今では60kg→85kgまで体重を増やす事が出来ています。

沢山食べているのに太れない、細くてガリガリの身体がコンプレックスという方は意外に多いです。

実際に私がそうでした。

細くてガリガリの身体が嫌でトレーニングを始めた私ですが、トレーニングと同時に食事の知識も得た事で体重も少しずつ増えていきました。

今回はなぜ食べているのに太れないのか?太る為には何が必要なのか?

ずっと太れなかった私が25kg増やせた方法をご紹介します。

是非、最後までお読み頂き実践して頂ければと思います。

太りたいけど太れない理由4つ

では早速太りたいのに太れない理由について解説していきます。

これが分かれば解決策が分かると思います。

①食べていないから

食べているのに太れないという方で1番多い理由が「食べていないから」です!!

いや、周りと比べても結構食べるし食べてないわけないよ!

という方がほとんどでしょう。

しかし、実はあなたが太れるほどの1日分のカロリーを食べれていないのです。

そもそも身体が細い方というのは代謝が高い方が多いです。

代謝が高いという事は沢山食べてもしっかりと消費出来る身体でそれ自体は悪い事ではなくむしろ良い事です。

ただ、太りたい方にとっては太れるカロリーまで食べる必要がある為、大変になります。

まずはあなたの基礎代謝、1日の運動量、そして1日に食べているカロリーを全て計算してみましょう。

計算してみると分かると思いますが、ほとんどの太れない方はカロリーが足りていません。

私の太れない理由もこれでした。

かなり食べている方だと思っていましたがカロリーを計算して太れるカロリーまで食べるようにしたところ少しずつ体重が増えていきました。

まずは食生活を振り返って足りない分を数字で出してみましょう。

②胃腸が弱いから

太る量のカロリーもしっかり摂れているけど体重が増えないという方が次に考えられる理由には胃腸の弱さがあります。

沢山食べるとすぐにお腹を下したり、下痢になる事が多かったりしませんか?

このタイプの方は太る量を食べていてもしっかりと栄養として吸収出来ていません。

その為、体重が増えていかないと考えるべきです。

食べ物というのは口に入れて消化し、吸収して初めて身体の栄養として機能します。

吸収が出来るような腸内環境を心掛けて改善していく必要があります。

お腹を下すような自分に合わない物を避けて、自分に合う食べ物を見つけていく事から始めると良いです。

また、同時に腸内環境を改善するような取り組みも必要になるでしょう。

③筋肉が少ないから

筋肉が少ない方も体重が増えにくいです。

それは筋肉の方が脂肪よりも重いから。

筋肉が多い方であれば食べる量が少し減っても体重が減る事はありませんが、筋肉が少ない方は継続的に食事量をしっかりと確保しないとすぐに体重が減ってしまいます。

その為、食べる量を継続的に増やしながら筋トレも行う方が効果的です。

筋肉は簡単に増えるものではありませんから、筋トレも自分の出来る範囲で長く継続をしていきましょう。

トレーニングの際は下半身を中心とした大きい筋肉を優先的に鍛えていく事がオススメです。

私もトレーニング初心者の頃は食べる量が少ないとすぐに体重が減っていましたが、毎年少しずつ食べる量が減っても体重を維持出来ています。

この場合は少しずつ筋肉がついていると考えて良いでしょう。

④生まれ持った体質

上記の3つを改善しても太れないという方は生まれ持った体質の可能性があります。

こういった方は「痩せの大食い」と呼ばれテレビなどでよく取り上げられますよね。

大食いでも痩せているタレントの方がいますが、稀にそういった沢山食べても実際に太らない方というのは存在します。

このような方は自分で改善する事が難しいです。

病院で調べてもらう必要があるかもしれません。

しかし、生まれ持った体質である「痩せの大食い」の方は本当に珍しい為、ほとんどの方であれば上記の3つで太る事は可能です。

太る際の注意点2つ

太れない原因が分かった所で太る際の注意点を解説していきます。

継続して増やしていく為に必要な事をご紹介していきます。

①一気に増やし過ぎない

体重を増やしていく方法を理解した事でとにかく沢山カロリーを摂ろうという方は注意が必要です。

しっかりと体重が増えていくカロリーを知って適切な食事量を摂れていれば良いのですが、それ以上に余計なカロリーを摂ってしまうと無駄な脂肪をつけてしまいます。

体重が増えれば脂肪がいくらついても良いという方であれば問題ありませんが、脂肪が増えるのは嫌だという方もいるでしょう。

基本的には脂肪をなるべくつけずに筋肉で体重を増やしていく事が理想だと思います。

その為、とにかく沢山食べて一気に増やすのではなく体重が増えていく最低の食事量からスタートして増えなくなったらまた食事量を少し増やすという繰り返しで行っていきましょう。

太れない方に関してはもともと腹筋が見えている方が多いと思います。

体重を増やしていく際には腹筋が脂肪で隠れる手前までゆっくりと増やすと脂肪をあまりつけずに増やしていけるのでオススメです。目安にしてみて下さい。

②食材はクリーンなものから選択する

とにかくカロリーを稼ごうとジャンクフードやお菓子などでカロリーを稼ぐ事は注意が必要です。

こういった物に頼ってしまうと腸内環境も悪くなり、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まります。

太れない方は胃腸が弱い方が多い為、ジャンクフードやお菓子などを食べてカロリーを稼いでもお腹を下してしまう可能性が高く無駄になってしまいます。

また、ただ太るだけで筋肉ではなく脂肪の割合が高くなります。

食べる事は大変だと思いますが、なるべく加工食ではなくクリーンな食材かつ筋肉に必要な栄養素が多く含まれている物を食べていくようにしてみましょう。

具体的には、、、

・炭水化物(米、さつまいも、そば、うどん)

・タンパク質(肉、魚、卵、大豆、プロテイン)

・脂質(魚、卵、ナッツ類、アボカド)

どうしても食事を摂る事が難しい場合は、ゼリー飲料やプロテインを上手く活用していきましょう。

まとめ:体脂肪の増加も考慮して少しずつ増やしていこう!

太りたくても太れない原因と太る際の注意点について解説してきました。

特に食べていないから太れないという理由に関しては驚いた方もいたのではないでしょうか?

自分では食べているつもりでも実際に食べれていない方は本当に多いです。

感覚ではなくて、実際に食生活からカロリーを出してみて食事量を組み直してみましょう。

太る為には、ダイエットと同じくカロリー計算がとても重要です。

カロリーが少なくても増えませんし、多過ぎても脂肪ばかりついてしまいます。

体脂肪の増加も考慮してゆっくり少しずつ体重を増やしていくようにしてみましょう。

今回は以上です。